フィリピン・セブ島のダイビングショップ&ダイビングスクール【パラダイス倶楽部】セブ店

パラダイス倶楽部@セブ ダイビングポイントのご案内

HOME  >> パラダイス倶楽部@セブ  >> ダイビングポイント紹介

ダイビングポイント紹介


パラダイス倶楽部@セブ 主要ダイビングポイントのご案内


マクタン島エリア ヒルトゥガン島エリア ナルスワン島エリア オランゴ島エリア カビラオ島エリア
■ マクタン島エリア
リゾートから近く手軽に潜りに出掛けることができ、マクロ生物から大物や群れなどのワイドなどバリエーションに富んだダイビングを楽しむことができます。
また体験ダイビングや、リフレッシュダイビングが快適に行うための環境的条件が整っています。
ひと言で言えば、ビギナーの方から安心して楽しめる、ゆっくりまったりのダイビングに適したエリアです。

コルドバ

コルドバ


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
白砂が広がるなだらかなスロープには人気者のマクロ生物が多数生息!!
ヒレナガネジリンボウを初めとするカラフルなハゼの仲間やクマドリカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウなどお宝レア生物が満載です。
フィッシュウォッチングや水中撮影が熱いポイントです。

シャングリラ

シャングリラ


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
ドロップオフではなく砂地とサンゴで構成されたスロープで、ソフトコーラルが豊富に群生しております。
とにかくまったり&のんびり潜るのには適した癒し系の水中景観をお楽しみ頂けます。
圧巻なのは時折見られるヒメツバメウオの大群!!また運が良ければギンガメアジの群れに遭遇することもあります。

タンブリ

タンブリ


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
スロープの砂地にはハゼやクマノミの仲間が生息し、
ハゼの仲間や、クマノミ、甲殻類が多いです。
セスナ機が水深約20mに沈んでいて、お手軽にレックダイビングもお楽しみ頂けます。
周囲にはクマノミやスズメダイの仲間が多数生息し、付着しているソフトコーラルやカイメン類には、ピンクスクワットロブスターを始めとする甲殻類が、そしてクマドリカエルアンコウやオオモンカエルアンコウなども時折見られています。
マクロ、ワイド共に幅広い楽しみ方ができるポイントです。

マリゴンドンケイブ

マリゴンドンケイブ


このポイントにはドロップオフ側面水深28mに直径約10mもの大きなケイブ(水中洞窟)の入り口があり、その奥行きは約50m!!
やや深めの水深のため中級者以上の方限定とさせて頂きます。
ケイブ内部から入り口が広がり、とても神秘的な光景に魅了されること間違いなし!!他のポイントでは見られないこのポイント特有の生物が見られます。水中ライトを携行を強くお勧め致します。
また洞窟外の浅場は砂地あり、岩場ありのバラエティに富んだ地形となっており、まったりのんびりのダイビングからフィッシュウォッチングまでをも楽しむことができる、一度で二度おいしい・・・そんな楽しみの幅の広さも特長です。

トンゴ

トンゴ


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
浅場はサンゴのガレ場が広がり、沖側はドロップオフで落ち込んでいます。
ハゼやジョーフィッシュ、、甲殻類が多数生息しております。
特にマクロ派にはオススメのポイントです。

アグス

アグス


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
浅場にはエダサンゴやハマサンゴの仲間が多数群生しており、水中に差し込む光とのコントラストがとても美しく見事な光景をお楽しみ頂けます。
また魚影も濃く、ハナダイやスズメダイの仲間、クロヘリイトヒキベラなどの群れも圧巻です。
ドロップオフには色とりどりのソフトコーラルも豊富で、ハゼやウミウシの仲間が多く、フィッシュウォッチングや水中撮影ももちろん楽しめるハドサン同様にオススメしたいポイントです。

ハドサン

ハドサン


ビギナーの方から楽しめ、パラダイス倶楽部セブ店のホームゲレンデ的存在のポイントです。
マクタン島エリアの数あるポイントの中では最もサンゴが豊富と言われ、ハナゴイやレッドチークアンティアスが群れ渡る、まさに南国情緒たっぷりの水中景観をお楽しみ頂けます。またダイバーに人気の各種クマノミの仲間をはじめ、マンジュウイシモチやニチリンダテハゼ、ピンクスクワットロブスターやオラウータンクラブ、ニシキテグリといった人気の生物たちも多数生息しています。
地形は浅場が平坦なサンゴ礁域、水深10m辺りからはダイナミックなドロップオフとなっており、ディープダイビングも楽しむことが出来ます。

マリンステーション

マリンステーション


ビギナーの方から楽しんで頂けるポイントです。
ボートの停泊所が名前の由来となっているこのポイントは、浅場がなだらかなスロープのガレ場で、その先がドロップオフで落ち込んでいます。
ダイナミックなドロップオフの沖側にはタカサゴやイワシの仲間の群れなどが高確率で見られています。またメアジの大群は圧巻でこちらも確率良く見ることができます。
その他、ハナヒゲウツボやハナダイの仲間やツマグロハタンポ、甲殻類などが見られ、マクロからワイドまで全般的なフィッシュウォッチングが楽しめるポイントです。

コンティキ

コンティキ


ビギナーの方から楽しんで頂けるポイントです。
コンティキリゾートのすぐ前に位置し、浅場はなだらかなスロープになっており、水深10mからはドロップオフとなります。水深5mの辺りにショベルカーが沈んでおり、好魚礁となっています。
とにかく生息している生物の層が厚く、ハゼの仲間や甲殻類、タツノオトシゴやピグミーシーホース、ニシキテグリといった人気のマクロ生物から巨大ブラックフィンバラクーダがよく通りかかったりと見られる生物の種類が多彩です。

↑このページのTOPへ

■ ヒルトゥガン島エリア
ボートで約15分のエリア。
フィッシュサンクチュアリに指定され、マクタン島周辺のポイントな中では透明度が安定していて、魚影が濃くフィリピンのダイビングエリアの中でも人気の高いポイントの1つです。
見どころの筆頭は、高確率で見られるツバメウオの群れ。
またアヤコショウダイやバラクーダ、さらにはロウニンアジといった大物にも確率良く遭遇できます。
なだらかなスロープとなっている浅場にはカラフルなエダサンゴが群生し、そこに群れ渡るスズメダイやハナダイの仲間が南国調のトロピカル感を大いに引き出しています。
餌付けが行われているポイントで、魚たちがとてもダイバーに慣れかなり近づいてきてくれます。

ノースサイド

ノースサイド


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
浅場はなだらかなスロープとなっており、深場はドロップオフで落ち込んでいます。
ソフトコーラルが豊富で、ツバメウオやスズメダイの仲間が多く生息しております。
主にワイド派ダイバーの方にオススメです。

サウスサイド

サウスサイド


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
浅場はなだらかなスロープとなっており、深場はドロップオフで落ち込んでいます。
なんとロウニンアジの群れに遭遇することもあるミラクルポイント!!
主にワイド派ダイバーの方にオススメです。

↑このページのTOPへ

■ ナルスワン島エリア
時間によって方向も強さも変化しますが、多種多数のサンゴがぎっしりと群生する緩やかな傾斜が続く棚を主に流す、ドリフトダイビングスタイルが主流となりますが、流れは強くないのでビギナーの方からでも安心してお楽しみ頂けます。
ツバメウオやギンガメアジやバラクーダの群れなどが見られ、砂地ではヤッコエイが見られます。

ビッグドロップオフ

ビッグドロップオフ


ビギナーから楽しめるポイントです。
浅場はサンゴが豊富なリーフとなっており、ドロップオフで落ち込んでいます。
大型のハタが多く見られ、ワイド派ダイバーの方にオススメのポイントです。

ビッグスロープ

ビッグスロープ


ビギナーから楽しめるポイントです。
浅場はサンゴが豊富で、浅場から深場まではスロープ状に落ち込んでいます。
ヤッコエイが多く見られ、ワイド派ダイバーの方にオススメのポイントです。

↑このページのTOPへ

■ オランゴ島エリア
筆頭で挙げられる見どころは、何と言っても体長が2.5〜3m、大きな個体になると4mほどにもなるニタリ。
長い尾鰭が特徴のこのオナガザメは、普通は滅多に見ることのできない珍しいサメなのですが、このエリアでは約5割の遭遇確率!!
今やマクタン島周辺の名物ダイビングエリアとなっております。若干深めの水深が狙い目なのですが、深くなり過ぎないよう注意も必要です。

ティンゴ

ティンゴ


流れが速い時が多い、中・上級者の方から楽しめるポイントです。
ドロップオフの水深30m付近ではニタリ(オナガザメの仲間)との遭遇率が高く、特に早朝が狙い目です。
浅場では各種ウミウシをはじめ、カミソリウオやニシキフウライウオといった人気のレア生物も見られます。
マクロ&ワイドと幅広い楽しみ方ができる、ちょっと贅沢なポイントです。

サンタロッサ

サンタロッサ


ビギナーの方から楽しめるポイントです。
浅場はなだらかなスロープとなっており、数々のサンゴや可愛らしいカクレクマノミやスパインチークアネモネフィッシュを含む多種のクマノミが見られ、のんびり潜るのに適したポイントです。
深場はドロップオフで落ち込んでいます。
マクロ&ワイドと幅広い楽しみ方ができるポイントです。

タリマ

タリマ


ビギナーの方から楽しめる広大なポイントです。
広大な浅場はなだらかなスロープとなっており、クマノミの仲間たち、カミソリウオやニシキフウライウオ、カラフルなウミウシの仲間たちなど、数々のマクロ生物が見られています。
一方、深場はドロップオフとなっております。
ソフトコーラルも豊富で、水深13mの砂地には木製の沈船があり、キンメモドキやアヤコショウダイ、ツバメウオが多数生息しています。
またギンガメアジの群れとの遭遇もかなり期待できる、マクロ&ワイドと幅広い楽しみ方ができるポイントです。

↑このページのTOPへ

■ カビラオ島エリア
ボホール島の西にあるカビラオ島は、マクタン島からでも日帰りで行くことができます。
潮通しが良く、比較的大きなソフトコーラルが魅力です。
マクタン島からはボートで1時間半から2時間。マクタン島周辺のエリアとはひと味違ったダイビングを楽しむことができます。
カビラオ島は周囲全てがダイビングポイントで、地形はスロープからドロップオフまで様々。
ワイドもマクロも何でもありありのスペシャルダイビングエリアです。

グランド

グランド


カビラオ島西側にある、ビギナーから楽しめるポイントです。
浅場ではサンゴの棚が広がり、サンゴの美しさはカビラオ島随一!!
マクタンエリアではレアなスプリンガーズデモイゼルというスズメダイの一種が多数生息しています。
ニシキフウライウオなど人気のマクロ生物も見られています。

タリサイ

タリサイ


カビラオ島北側にある、ビギナーから楽しめるポイントです。
浅場はなだらかなスロープが続き、水深15m辺りから急激に落ち込むドロップオフとなります。
浅場ではレアなトウアカクマノミの含む7種のクマノミやマンジュウイシモチ、オオモンカエルアンコウ、オドリハゼが生息しています。
美しいソフトコーラルが群生するドロップオフでは、ギンガメアジやバラクーダの群れ、ナポレオンフィッシュなどが見られています。

ライトハウス前

ライトハウス前


カビラオ島西側の灯台前にある、ビギナーから楽しめるポイントです。
二段の棚になっていて、水深25mの棚にはチンアナゴやニシキアナゴなどのコロニーがあります。
レアモノのピグミーシーホースやヒレナガネジリンボウなどのマクロ生物から、ギンガメアジやバラクーダ、さらには巨大なナポレオンフィッシュといった大物に遭遇できる、見どころ満載のポイントです。
南よりの風が吹く、6〜10月がオススメです。

↑このページのTOPへ


パラダイス倶楽部@セブ/資料請求

本サイトはスタイルシートを有効にしてご覧ください。
初心者向けスキューバダイビングスクール、各種PADI(パディ)スキューバダイビングライセンス(Cカード)取得コース、ダイビングツアー、体験ダイビング、シュノーケリングツアーの専門店 【パラダイス倶楽部】セブ店は、フィリピン・マクタン島をベースとするダイビングショップです。 ダイビングスクール、ダイビングツアー、体験ダイビング、シュノーケリングツアー、各種マリンスポーツなど、格安!爆安!激安!お手頃価格でご案内しております。
また、航空券(エアーチケット)、ホテル、レンタカーのご予約・手配はもちろん、観光やマリンスポーツの拠点としてもご利用ください。
●パラダイス倶楽部 セブ店:セブ・マクタン島・Kontiki Resort内