一般編

久しぶりのダイビングでちょっと心配!

 ライセンスを取得したけど、それっきり!なんか詰め込み式の講習でちゃんと講習をしてもらえなかったのでこわい!  まずは、お申込みの時にその事をはっきり伝えましょう!体験ダイビングからスタートするのも良いかもしれません。混んでいるシーズンも避けましょう。お店によっては、初心者専用にツアーを組んだり、グループ分けして対応してくれる所もあります。そういった所なら他のお客様にも気兼ねなく、楽しめますよね! 那覇店では、初心者限定特別ツアーというものを行っています。

お店によってコースの料金が違うのはなぜ?

 たしかに、ダイビングツアーやスクールはお店によって料金はまちまちです。極端にものを安くするには、その分たくさん売ったりしなくてはなりません。講習もスクールも同じです。また、スタッフの質やショップの装備を保つにもある程度の料金が必要です。 例えば、ボートダイビングでは船長もろともダイビングしてしまえば、その分人件費が掛りませんが、万が一何かあったら誰が、通報や対処をするのでしょうか! 装備もAEDや緊急用酸素を備えているようなボートはそれらの維持費も必要です。なかなか、目に見えない部分ではあります。 一つの目安として、指導団体の正規認定ショップなのかなども、一つの目安になると思います。料金なども明確に提示しているなども参考になると思います。 最近ではランキングサイトや質問や知恵袋も、ちょっと広告的な意図が感じられますので、やっぱり電話をかけてみたり、アナログ的な問合せから入ってみては如何でしょうか?

ダイビング用品はあった方がいいの?

ダイビング器材の購入はリゾート地のダイビングショップはあまりできません。曇り止めやログブックなどのすでにダイバーの方の必要な小物などは充実しているお店もあると思います。大体はレンタルで始められます。 ただしちゃんとダイビングを楽しみたいと思ったら、ご自分の器材は絶対に必要です。 欲しくなったら、ダイビングのプロショップでの購入をオススメします。プロショップとは講習やツアー、器材販売、メンテナンスなどを全て行なっているお店の事です。プロショップのお客様へのサービスのゴールはダイビングを継続して楽しんで頂く事です。量販店や器材のみ販売しているショップは、器材を売ることがゴールです。ゴールが違うのでお客様へオススメする商品も変わってきます。きっとあなたにあったダイビング器材を選んでくれるはずです。

ショップは何を基準に選べばいいの?

 お友達がダイバーで、その方からの紹介が一番です。世界最大の教育機関のPADIと正式契約を結んだショップも一つの判断材料になります。 「日本全国PADIショップ検索」 指導団体によっては、ショップの評価として表彰制度を設けている所もありますのでそれも参考の一つにしてみては如何でしょうか? 2017年度の表彰店はこちらです。これらのお店は、ツアーもスクールもちゃんと提供していて、もちろんクレームなどにもしっかりと対応の出来る安心しておすすめできるショップです。

ダイビングライセンス取得コース

手にする認定カードの種類っていろいろあるけどどうなんですか!

 広告やインターネットを見ると、どこの指導団体の講習を行なっているのかしっかりと明記しているお店もあれば、ほとんど分からないような所もあります。PADIの正規登録店なら分かりやすく表示しているところが殆どです。 おおよそ、PADI,NAUI,SSIならば世界の海で通用する指導団体ですから安心して受講して頂けると思います。 さらにPADIなら安心です。なぜならば全世界の6割以上のシェアをしめるダイビング指導団体なのです。日本はもとより何処の国に潜りに行っても困りません。だからPADIの正規登録のダイビングショップはみんな堂々とPADIのロゴを表示しているのです。言い方を変えるっとPADIのお店はたくさんあるのでリゾートから帰って地元のダイビングショップで継続教育を受講する時にも都合が良いのです。ダイビングを続けて行くにはオススメです。
なぜPADIがシェアNo1なのか?はこちらをご覧くだい。

リゾートで取得する時のプールはどこでやるのですか?

 受講する海洋実習地や季節によって異なりますので、一概には言えませんが、海で行うショップもあります。その場合は足の着く、穏やかなところを選んで最初は行いますから、ご心配はいりません。海で行った場合は最初から同じコンディションで練習できるので、そのまま海洋実習に参加することができます。ご心配ならば、プールで練習できるお店かどうか確認してからお申込みされた方が良いと思います。 リゾートによっては、プールよりも効率よく出来るコンディションの海もありますが、実際にはそう多くはありません。  パラダイス倶楽部の場合は、お近くのココナッツでプール講習を終了させてから海洋実習だけ、リゾート地で取得する方法も選べます。その分、現地で、遊びのダイビングができたり、時間を効率よく使って旅行を楽しむことができますからね。

天候が悪くなったらどうするのですか?

 雨がふったらどうするのですか?という質問は結構お受けしますが、雨だけであればダイビングが中止になることはありません。 どちらかといえば、風の影響が大きいのです。天候ばかりは、どうすることもできません。    大きな島、沖縄本島などでは風をよけるダイビングエリアがたくさんありますから、初めての講習にはお勧めです。 関東圏にお住まいの方であれば、天候不良で途中で中止になった場合、残りの実習をココナッツで行う事が可能です(実費は必要です)。 パラダイス倶楽部は沖縄の那覇と石垣島、セブ島にショップがありますのでどこを選んで頂いても大丈夫です。 それ以外の場合は、再度リゾートに出かけるか、途中までの終了の記録を記入してもらって他のダイビングショップで残りを行うという方法もPADIのショップならできます。ただし、別のショップなので料金など、実費のほかいろいろと必要です。

継続教育 ステップアップコース

ステップアップって必要ですか?

 最初のダイビングライセンスを取得したらいよいよ、お楽しみの始まりです。 ただ、ほとんどのダイビング指導団体の最初の認定レベル(オープンウォーターダイバー)は、トレーニングを受けた海と同じコンディションで水深18メートルまでダイビングを楽しめるというものです。  運転免許に例えるのであれば教習所の中で仮免許を取得したような状態です。世界中のいろんな海を楽しむにためには、ステップアップは必須ではないでしょうか?  ちゃんと責任あるダイビングショップなら、認定レベルによって最大深度を守ったツアーを開催します。何十本ダイビングしていてもオープンウォーターダイバーは初心者レベルの認定でしかないのです。 何よりも同じお金を払っているに潜れる海に限界があるのですよ!勿体無いと思いませんか! このような決まりは、一番はお客様の安全を考えた結果できたものです!これを超えて行くって事は安全は2の次って事ですか!