時期ごとの見所をご紹介(^^)

1月

平均水温23度 ・黒島、パナリのマンタシーズン ・コブシメ(コウイカ)の姿がちらほら現れる ・ウミウシ各種増えてくる ☆水温が下がり、浮遊物の数が減るので この時期は透明度が高い事が多いです。 年末年始を除き 比較的空いているので 水中も船の上も 少人数でのんびりできるのが この時期です。 ゆっくり写真を撮りたい方にもオススメ

2月

平均水温23度 ・黒島、パナリでマンタシーズン ・コブシメ(コウイカ)の姿が目立ち始める ・ウミウシが増える ・マグロ、バラクーダなどの大物回遊魚が狙える ☆水温が下がると 回遊魚は脂肪を蓄えパンパンに太り 個体の大きいサイズが見られる迫力のある時期でもあります

3月

平均水温23度〜24度 ・黒島、パナリでのマンタシーズンが大詰め!! ・各種可愛らしい幼魚が目立ち始める ・ウミウシが増える ・コブシメの産卵が始まる ☆年やエリアによって異なる事がありますが この時期はコブシメの求愛、産卵が見所です。 オス同士の争いや 産卵場面などが狙える時期

4月

平均水温24〜25度 ・コブシメの産卵 ・可愛らしい幼魚が目立つ ・魚影が濃くなり始める ・回遊魚 ☆この辺りから春らしく水温も上がり始める。冬型の天気が終わり、コンディションが落ち着いてくるので 有名な川平のマンタポイントに向かいやすくなり始めます

5月

平均水温25〜26度 ・サンゴの一斉産卵 ・各種幼魚 ・川平のマンタポイントへ向かいやすい ・サンゴの状態が良いエリアへ向かいやすい ☆この時期はなんと言っても 1年に1回の サンゴの産卵が見所!! 一定の条件が揃わないと、なかなか見れませんが毎年各ショップが こぞって予想日をたて、ナイトダイビングを実施しております ※産卵狙いは ナイトダイビングになります

6月

平均水温26〜27度 ・川平のマンタポイントへ向かいやすい ・サンゴが見事なエリア方面へ向かう時期 ・水温が上がりテンジクダイなどの小魚の数が多くなる ☆この時期は梅雨時でもありますが、気候的には、ほぼ夏。 八重山の梅雨は1日中、雨が降るというより スコールをイメージしてもらうと良いと思います

7月

平均水温28〜29度 ・本格的に夏がスタート ・日差しが強くなり、地形ポイントが楽しい時期 ・川平のマンタポイントへ向かいやすい ・抜群のサンゴポイントへ向かいやすい ☆トップシーズンのスタートです!!強烈な陽射しが照りつけますので日焼け止め必須です。 水温も暖かく、差し込む太陽光で水中も明るい(^^)  穏やかな日には、遠征も

8月

平均水温28〜29度 場所によっては30度の所も。 夏真っ只中!!日焼け注意 ・川平石崎マンタポイントへ行きやすい ・一面のサンゴエリアへも行きやすい ・強烈な陽射しで 地形ポイントが楽しい 穏やかな日には遠征も

9月

平均水温28〜29度 ・川平石崎マンタシーズンスタート 真夏の間、いっとき出が悪くなる時期がありますが 9月あたりから 本格的にシーズンインへ向かって行きます マンタ求愛時期で 複数枚のマンタを同時に観察できるのがこの時期

10月

平均水温27度 本格的なマンタ求愛時期だが、同時に季節風で北風が吹き始める時 川平石崎マンタポイントは 島の北側に面しているため 北風に弱く、風が強ければ ポイントに向かえない時もあります。 ですが、行ければ・・・最高です(^^)

11月

平均水温25〜26度 水温が下がり始めるこの時期、離島の透明度が高くなる。 黒島パナリ方面で、マンタがちらほら現れ始める。 回遊魚の大きい個体が目立ち始める。 暑すぎず、寒くもなく、過ごしやすい時期

12月

平均水温24〜25度 黒島パナリ方面で、マンタが現れ始める 水温が下がり、透明度が上がる ウミウシの数が増え始める 年末を除き、少数でゆっくりのんびりできるので カメラ派にオススメな時期

ページトップ

石垣島でのシュノーケリング、スキューバダイビング、PADIダイビングスクールならパラダイス倶楽部石垣島店にお任せください
沖縄県石垣市石垣497番地3 吉見アパート105