沖縄へダイビング器材を発送する皆様へ

船便になると使用日に間に合わない可能性があります。

ダイビング器材は一般的に航空機に搭載できないものが入っている可能性があると考えられています。ですのでうっかり対策をせずに発送してしますと船便へ回されてしまい、使用日に間に合わないことがあります。そうならないために、いくつか気を付けるべき点がありますのでご説明します。

送り状の書き方

送り状記入例

送り状記入例

送り状の書き方の注意点
品名にはできるだけ内容物を具体的に書き出す。
すべては無理だとしてもできるだけ書き出す。

「ボンベなし、電池なし、スプレー缶なし」と記入する。
上記のものが実際に入っている場合は船便になってしましますので、日程に余裕を持って発送してください。

配達希望日を記載する。
できれば使用日の前々日には到着するように指定してください。前日だと何かイレギュラーがあった場合、間に合わないことがあります。
また、船便に回されそうになって指定日に到着できないようだと運送会社から確認の電話が入ります。その時に航空便でも支障ない荷物であることを説明できれば航空便で送ってくれます。

使用予定日も記載する。
これも書いておくと万が一間に合わななさそなうな時に運送会社から連絡が来ます。それと受け取り手ダイビングサービスも確認しやすくなりますので、その為にもお願いいたします。
ライトなどのバッテリー本体から外しておく。
最近のライトのバッテリーは大容量です。ライトを使用しないときは製品から取り外しておくのが基本ですのでそのよう取り扱ってください。

発送した旨を発送先に連絡入れておく。
たまにあるのですが、だれの器材か分からない荷物が送られてくることがあります。確認ができないので必ずメールか電話で送った旨と到着予定日を事前に知らせておいてください。
以上、楽しいダイビング休暇、マイ器材で思いっきり楽しむためもしっかりご準備くださいね!

ページトップ

沖縄ケラマの海はお任せください。スキンダイビング・シュノーケリングも人気です。
沖縄県那覇市泊 3-14-1 098-869-7797